« 中丸のページ♪ | トップページ | ついに来たドリボ&ヲタ誌 »

2007年12月16日 (日)

妄想劇場【your side 2話】

今日は すっかり忘れていた 子供の誕生日プレゼントを

買いにいってきました。

なんだか おもちゃとか ちっとも欲しがらなくなって

一体 なにをあげようかと 困ったけど

本人たちが 欲しいといった

「 バッグに入った犬のぬいぐるみ 1680円 」

「 スタンプ 580円 」

を それぞれ買ってあげました(笑)

安っす~~(笑)


さて それでは本日は

妄想劇場 いってみます。

新シリーズ 第2話は

≪ 続き ≫ からどうぞ。

いつものように 自己責任で・・・♪

-----------------------------------------

彼は ハンドルを握りながら
流れてくる歌を 口ずさんでいた。
車の中は 彼の香水なのか
甘い香りが 漂っていた。
外にいた時には気づかなかった彼の香りに
私は 鼓動が早くなるのを感じた。
「パーティー つまんなかったの?」
突然 彼が切り出した。
「え?別にそういうわけじゃないけど・・・」
私が口ごもると 彼は笑った。
「つまんなかったって顔に書いてあるよ(笑)
 せっかくそんな可愛い服着てったのに
 もったいないよなあ」
心を見透かされたようだった。
この人 なんか不思議・・・
なにか言うたびに ドキッとさせられる。
でも なんだか安心できるところもあって・・
「うん・・つまんなかった(笑)でもそれよりも
 私に気を使ってる田口くんが なんだか
 かわいそうで・・・。だから約束があるって
 嘘ついて帰ってきたの」
私は さっきまでのことを 彼に話した。
知ってる人が全然いなくてつまらなかったこと。
田口くんが 他の女の子と楽しそうに話してて
ちょっと ムカついたこと。
亀梨くんは 前を向いたまま でも 優しい目で
私の話を聞いていた。
「ゆうちゃんは 田口のこと 好きなんだ?」
彼は なんとなく確かめるような聞き方をした。
「え? そりゃ一応付き合ってるんだから・・」
なんだか恥ずかしくなった私は 窓のほうを向き
流れる夜景を見ていた。
しばらくすると 車は一軒の居酒屋で止まった。
「着いたよ 行こっか」
彼に促され 私は車を降りた。
店内は 小さいながらも 全席個室になっていた。
「ゆうちゃんは田口の彼女だろ?友達とかに会っちゃって
 違う男と一緒のとこ見られたらヤバイじゃん(笑)」
彼はこの店を選んだ理由を言って 
いたずらっぽく笑った。
「じゃあ とりあえず かんぱーい」
私たちは 向かい合って座り 乾杯した。
「田口とはいつから付き合ってんの?」
「んー・・一年前かな」
「へ~ 結構長いんだ」
「亀梨くんだって 彼女いるんでしょ?」
「俺? 俺 今 彼女募集中(笑)」
「え そうなんだ でも 女の子の扱いに
 ずいぶん慣れてそうだもんね」
「は? 俺 そんな風に見える?」
「でなきゃ いきなり飲みに行こう は
 ないでしょ?」
すると彼は 私を 真顔で見つめて
「さびしそうにしてる女の子を 放っとけないじゃん」
と 言った。
私は顔が赤くなるのを感じた。
なに? 突然そんな真顔で・・・
でも 次の瞬間には 彼はフッと優しく笑って
そのきれいな指で グラスを傾けた。
グラスの氷が カランと音を立てる。
「うそうそ(笑)俺が飲みに行きたい気分だった
 んだって。でも一人じゃつまんないから
 ゆうちゃんが付き合ってくれてよかったっつーか」
彼の柔らかい笑顔がこぼれる。
「あ、そのネックレス かわいいじゃん」
彼は 私の首元に光る プチダイヤの
ネックレスを指差した。
「あ これ・・田口くんにもらったの」
私は 指先で ダイヤに触れた。
「へー よく似合ってるよ。華奢な感じが
 田口っぽくね? でもさ、ゆうちゃんみたいな
 女の子が ゴツめのつけてたら かわいくね?」
「ゴツめの~?ひとつも持ってないなあ。
 でも カッコイイよね シルバーアクセも」
「だろ~? 俺さあ・・・」
私たちは 好きなアクセサリーやファッションのこと
仕事の話や よく行くお店の話などで
次第に打ち解けていった。
私は 「田口くんにはない何か」を
亀梨くんに感じていた。
でもそれが何なのか 私にもまだ分からなかった。
その時 私の携帯がテーブルの上で光った。
「あ・・・田口くんからだ・・・ちょっと 電話出るね」
私は 席を離れてドキドキしながら 電話に出た。
「あ、もしもしゆうちゃん? 俺だけど・・
 ごめんね 一人で帰らせちゃって・・・。
 大丈夫だった? 今どこにいるの? 迎えに行くよ」
田口君は 申し訳なさそうに 早口で話した。
「ううん 大丈夫だよ 今・・・」
私は 席のほうに目をやった。
たばこをくわえて グラスを持つ亀梨くんが視界に入る。
「ゆうちゃん? どうかした?」
電話の向こうで 田口くんが呼びかける。
「な なんでもないよ 今、静香と飲んでるの。
 タクシーで帰るから 心配しないで」
私は 動揺する心を隠して 電話を切った。
「田口くん ごめんねだって(笑)心配して電話くれたみたい」
「そっか・・・そりゃ田口も心配してるよな
 ・・・じゃあ そろそろ行こっか」
私たちは 店を後にした。
うちのアパートへ向かう 帰りの車の中
さっき 彼が好きだと言っていたアーティストの曲が
静かに流れていた。
「さっき 田口には何て言ったの?」
「え? 友達と飲んでるって・・・」
「なんか 田口に悪いことしちゃったかな」
彼は そう言って 苦笑いした。
「そんなことないよ 私が行きたいって言ったんだから」
「あ かばってくれるんだ?(笑)」
「え・・・お互い様でしょ!」
私たちは 共通の秘密を抱えたことに笑った。
そして車は 私のアパートに着いた。
「突然だったけど すごく楽しかった ありがとう。」
「こっちこそ すっげー楽しかったよ。
   ・・・田口には悪かったけど」
「だから お互い様でしょ?」
私は笑って 車を降りた。
「じゃあ おやすみなさい」
小さく手を振る私に 彼は助手席の窓を下ろして
「あのさ・・・また 遊ぼうよ」
と 言った。
私は 一瞬 戸惑ったけど
「・・・うん」
と 小さくうなずいた。
私は彼の車を見送りながら もう彼に会ってはいけない
ことを 分かっていた。
また会いたいと願う気持ちには
気づかないふりをしながら・・・。

  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

一週間後
「あ、ゆうちゃん、俺だけど、今日仕事が早く
 終われそうなんだ。帰りに飯でもどう?」
会社の昼休み中、田口くんから電話があった。
あのパーティー以来、田口くんとはまだ会っていない。
私の心は あれからいつも 彼 のことばかり
思い出していた。
優しい笑顔・吸い込まれそうな茶色の瞳
そして 甘く響く忘れられない声・・・ 
結局田口くんからの仕事帰りのデートの誘いを断った私は
残業を終えて 会社を出た。
仕事でミスをした私は デートなんて気分になれず
憂鬱な顔をマフラーで半分隠して歩き出した。
その時
「ゆうちゃん」
突然呼ばれて ハッと立ち止まる。
聞き覚えのある 甘い声・・・
「・・・・亀梨くん!」
私は コートのポケットに手を入れて歩いてくる
彼を 呆然と見ていた。
「仕事終わった?」
首をかしげて笑顔で聞く亀梨くんを見て
私は 駅前で彼と出会った時の事を 思い出していた。
あの時も 彼はこうやってポケットに手をいれたまま
首をかしげて 私に笑いかけた・・・
「なんでここにいるの?」」
「会社の場所この辺だって この前言ってたから。
 また遊ぼって言っただろ?」
「そうだけど・・・」
「はい これ。手 出して」
彼は ポケットから 手を出すと
握りしめていたものを 差し出した。
「なに?」
私が そっと手を出すと
彼の手から 何かがしゃらりと落ちてきた。
「この前の 忘れ物(笑)」
「あ・・これ~!」
私の 携帯に付いていたマスコットだった。
「この前 車の中で落としたんだろ?」
確かに あの日以来 失くしたと思っていた物だった。
「ありがとう・・どっかで失くしたと思ったんだけど
 よかった~! 」
私は 思わず笑顔になった。
「さっきまで ずいぶん暗い顔してたよな(笑)」
彼は 私の顔をのぞき込んで笑った。
「あ・・・まあね ちょっと仕事で色々あって」
「おまえさあ 俺が見るといっつも暗い顔じゃん」
私は 突然「おまえさあ」と言われドキッとした。
田口くんが 言わない言葉・・・
田口くんは優しくて私を大切にしてくれる・・でも・・・
ただ優しいだけじゃない「なにか」がこの人にはある・・・
「もう帰るんだろ?気分転換にドライブでも行こうよ
 やなことがあったんだったらすっきりしたくね?」
忘れられない茶色の瞳が 柔らかく私を見つめた。
「・・・・・」
いつも突然。だからびっくりする。でも・・・
なんで? ドキドキして 何も言えない・・・
「行こ」
私の返事を待たずに 彼は歩き出した。
その後ろ姿を見ながら 私は苦笑いした。
そして 二度目の彼の車に乗った。
   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
彼は 夜の海に 車をとめた。
「ここ俺がよく来るとこ。やべっ!なんも見えねーじゃん
 昼間だと ほんと超気持ちいいんだけど~!」
真冬の夜 車を降りた彼は 残念そうに言った。
「なんにも見えなくても 海に来たって感じするよ。
 風が なんか違うもん」
私は そう言って 大きく息を吸い込んだ。
「今度 昼間来ようよ・・・って あ、それはヤバイか」
「・・(笑) でも 来てみたいな~・・・」
彼のキレイな髪が 潮風にさらさらと揺れていた。
「ありがとね、なんか私、亀梨くんに
 励まされてばっかりだね」
私は思わず 苦笑いした。
「だから~ つまんなさそうにしてる女の子を
 放っとけないんだって(笑)」
彼も いたずらな笑顔を浮かべた。
「俺も なんかすっきりした~。海でたばこ吸うと
 すっげーうまいんだって」
「そうなんだ? でも 分かる気がする(笑)」
二人で しばらく真っ暗な海を眺めていた。
真冬の海の冷たい風も なんだか心地良かった。
「くしゅん!」
私がくしゃみをすると 彼は大笑いしながら
たばこの火を消した。
「寒い? 車に戻ろっか。 真っ暗だから気をつけろよ」
「わかってるって そんなこ・・・わっ!」
私は 小さな段差につまずき バランスを崩した。
その瞬間 彼の手が 後ろから私の肩をつかんだ。
「だから 気をつけろよ って言ったじゃん」
彼は 私の肩をつかんだまま言った。
「ごめんね ありがとう・・・」
私が 後ろを振り向くと 息がかかる程近い距離で 
彼と 視線がぶつかった。
次の瞬間 私は彼に 後ろから抱きしめられていた。
「・・・・・」
私の鼓動は 自分でも驚くほど高鳴った。
彼は 何も言わず 黙ったまま私を抱きしめた。
私は 身動きひとつできなかった。
潮風に吹かれる彼の髪が 私の頬をかすめ
胸が締め付けられる思いを ただ感じていた。
一体 どれくらいた経ったのか
「ごめん ゆうちゃんは田口の彼女なのに・・・」
彼はそうつぶやくと 腕の力を抜いた。
「ほんとごめん 今の忘れて」
呆然とする私に 彼はうつむきながら言った。
「俺 なにやってんだろ。友達の彼女なんか好きに
 なるなんて 最低だよな」
「・・・・・」
彼の言葉に 私は耳を疑った。
「・・どういう意味・・・?」
「ゆうちゃんが 田口の彼女だってことは
 百も承知なのに ごめん・・・
 どうしても抑えられねーよ・・・」
そう言って彼は 私から視線をそらした。
「・・・じゃあ 私も 最低ね」
「・・・え?」
「田口くんの友達だって分かっていながら
 あれから亀梨くんのこと ずっと考えてた。
 でも もう会っちゃいけないって思ってた。
 また会っちゃったら ほんとに忘れられなく
 なっちゃいそうだったから・・・。
 でも 今日会いにきてくれた時 ほんとは
 ・・・すごくうれしかった。」
「ゆうちゃん・・・」
私の瞳に 彼の視線が 甘く絡んだ。
そして 引き寄せられるように
冷たくなった 唇が 重なった。
唇を 甘く噛むような 彼のキスに
私は どうしようもない切なさを感じていた。
田口くんを裏切っている 罪悪感・・・
ここでこうしている自分の罪・・・
でも この唇の甘さ には
どうしても勝てない・・・
私は 溶けてなくなりそうな自分を見失わないように
彼の背中に 腕を回した・・・。

-----------------------------------------------

« 中丸のページ♪ | トップページ | ついに来たドリボ&ヲタ誌 »

妄想劇場 「your side」」カテゴリの記事

コメント

なるちゃ~ん♪ こんばんち☆
娘ちゃん達お誕生日おめでとぉ~~♪
娘ちゃん達にお逢いしたことはないけれど…
オバちゃんからも、愛のチューを♪(ちゅ)
…いらんって?!(爆)


ちょっと~~!!
なるちゃんの妄想劇場も、超萌えるんですけど~~!!!
いや~ん>< 亀梨くんに抱きしめられた~~いっ!! はぁ♪ シチュエーションのひとつひとつ、台詞のひとつひとつが目に浮かび声が聞こえるわよぉ~~~(萌)

ごめん、田口~~~~~~~!!!

投稿: ゆきりん | 2007年12月16日 (日) 17時45分

---ゆきりんへ---------------

わーーーおっ! ゆきりんから「愛のチュー」が飛んできたあ~!ありがとう、ちゃんと子供たちに、手渡しておきます(どうやってだ 笑)

ゆきりんが萌えてくれてうれしいわ~!
田口ごめんっ! 私もそう思った~(汗)
でもさ人って、裏切ったりすると、もちろん罪悪感を感じるんだけど、その秘密に超萌えちゃったりもするんだよね~(笑)
私も誰かを傷つけるような激しいのがほしい~!
え?・・・別に誰も傷つかない? そりゃそうだ(笑)

投稿: なる | 2007年12月16日 (日) 18時21分

「バッグに入った犬のぬいぐるみ」って、うちの娘が持ってるのと同じシリーズかもね
犬は、何種類かあったきがするけど、値段が同じくらいだから!

妄想劇場、引き込まれて読んだよ!
とうとう亀とキスまでしちゃったの~
田口くんには悪いけど、亀の魅力には敵わないのよね

投稿: なおっぺ | 2007年12月16日 (日) 19時03分

---なおっぺちゃんへ----------

そうそう~! 何種類もあったよね。
誕生日プレゼントなのに安すぎ~(笑)って思ったけど、本人がそれがいいって言うならオッケーだよね(笑)

とうとうしちゃいましたね、チュー(笑)
女って、ただ優しいだけだと どうしても物足りなさを感じてしまうんだよね~(笑)時には激しくされたいの~!みたいな(萌)
でもほんと、亀ちゃんにはやっぱり、どんな人でもかなわないよね!

投稿: なる | 2007年12月16日 (日) 19時24分

☆Happy Blrthday
      双子ちゃん☆
 6歳もまた良い年になるといいね~♪ 

…妄想☆
もう、ドキドキしたよ~!!
凄い葛藤だよ~!
でも その葛藤がまたなんとも言えなくて
いいのよ~!
まだ ドキドキしてるわぁ~。
…やっぱり淳之介は振られキャラなのね~(^^ゞ

。。。。。。。。。。。。。。。。。
先日は色々話せて楽しかったよ~♪
うちの旦那が俳優?
そんないいもんじゃあありませんて~!
ただのおっさんですわ~!!
…AV男優ぐらいならなれるかも?!
でもそんなテクもないし
モノもたいしたことないわぁ~!! 

なるちゃん とっても可愛いね~♥
お肌 トゥルットゥルッ…30代に見えないよ~☆
そのお肌保つためになんか飲んでるの~?!
それは小亀エキスでしょうか?(#^.^#)


 

投稿: 紅緒 | 2007年12月16日 (日) 19時59分

うぅぅ・・痛い・・・
胸が痛いぃ。°(ToT)°。
私も自分とこで淳之介
裏切っちゃったから・・
これ読ませてもらって
余計つらくなったぁ・・・。
(でも楽しませてもらったわ~)
亀ちゃんのカッコ良さ
すごーく伝わってくるよぉ~
彼の方から告白してくるなんてねぇ
うは~うらやましぃ!!
続き楽しみにしてるよぉ~☆★

うちの子もバックに入った犬の
持ってるよぉ~♪
犬の顔だけ出るやつだよね~
安いものでも×2個だから
けっこうなお値段になっちゃうよね。

投稿: ココ | 2007年12月16日 (日) 20時12分

娘ちゃん・・・お誕生日おめでと~っ♪
もうすぐ一年生だね
楽しみだね♪
ちょっと・・・なるちゃん~
もう鳥肌たちゃうんだけど・・・
ドキドキしちゃうよ~
すご~い、ゆうの細かな気持ちが表現されてて
入り込んじゃった!!

投稿: nanami | 2007年12月16日 (日) 20時12分

---紅緒ちゃんへ------------

うちの双子に「ハピバ」をありがとう~!
ちょっとはマシな子供になってもたいたいよ~(泣)

実は紅緒ちゃんが読んでくれた後、ちょっと手直ししました。時間があったらもう一回読んでみてください。目線を「私目線」にしてみました♪
じゅんのいつもごめんね~。彼の笑顔が目に浮かびます(泣)でも亀ちゃんには・・・かなわなくて(笑)

紅緒ちゃんこそ、色白でお肌つるつるだもん~!
旦那さんが「AV男優」って・・・(爆)いやいや、実はすごいイイもん持ってらっしゃるとか・・・(爆)
私の場合、お肌がつるつるじゃなくて「テカテカ」なの(笑) アブラ取ってから写真取れよって感じ(汗) 子亀エキスできれいになりたい~~~!

投稿: なる | 2007年12月16日 (日) 21時09分

---ココちゃんへ-------------

私も胸が痛い~!でもなんでだろうね、人を裏切ると、罪悪感と同時にワクワク感もあるんだよね(笑) 亀ちゃんからあんなこと言われたらって妄想しただけでぶっ壊れそう(爆)
いいよね~妄想って!どんなことでもできちゃうから♪

そうそう!犬の顔が出てるやつ~♪
子供ってあーゆーの好きだよね~。
まあ、安いから、親としてはありがたいよね(笑)

投稿: なる | 2007年12月16日 (日) 21時13分

---nanamiちゃんへ----------

ありがとうnanamiちゃん!うちの双子に「ハピバ」をくれて♪6歳になるんだから、ちょっとはマシになってもらいたい母心です(笑)

実はnanamiちゃんが読んでくれたあと、ちょっと手直ししてみました。「私目線」に変えてみたので、時間があったらもう一回読んでみてください♪
nanamiちゃんがドキドキしてくれたらうれしいなあ~!会社出たら亀ちゃんが居た・・・そんな妄想、毎日してるイタい私で~す(笑)

投稿: なる | 2007年12月16日 (日) 21時16分

なるちゃん・・・
やばいよ。
完全に心持ってかれちゃってます。
亀梨くんに~。

「おまえさ~」って呼ばれるとドキっと
するよね~。言われたい~!

なんで、優しいだけの田口くんじゃなくって
ちいっと強引な(しかも友達の彼女に・・)
亀梨くんに惹かれりの~。ねっ。

投稿: きょー | 2007年12月16日 (日) 22時37分

まずは♪
娘ちゃん達~o(^o^)o
6才のお誕生日おめでとうo(^-^o) (o^-^)o♪
ママにちゃんとプレゼント買って貰えて!!!(笑)良かったね~♪
改めて!なるちゃん♪
おめでとう(=^・^=)
子供の成長は親にとって、1番の喜びだね!
6年間お疲れ様でした☆
また明日から、子育て頑張ろうね(^-^)/

今回の妄想も!いいよ~(o^-')b
じゅんのにはごめんね!だけど、人を好きになるのに理屈は通用しない
自然にその人に惹かれていくんだよね~♪
読んでてドキドキしたゃったぁ~d(^O^)b
続きを楽しみにまってるね~☆
あ~!私も亀ちゃんとチューしたい(爆)なるちゃんにもっ(笑)

投稿: なお | 2007年12月16日 (日) 22時53分

なるちゃ~ん♪ 双子ちゃ~ん ハッピーバァ~~☆☆☆
素敵な一年になりますように♪(*^ ・^)ノ⌒☆
「妄想劇場」 たまんない~~!! 好きになったらいけない人って思えば思うほど止められなくなってしまうよねぇ~!茶色い瞳・・甘い香・・吸い込まれるに決まってんじゃん♪後ろから抱きしめられて、KiSSされた~い(//▽//) 最高の願望だよっ!!頭の中って自由だからなんでもできるねっ(笑) 今日はなるちゃ~んの妄想を借りて 妄想しながら寝よう~!!
ふふふっ。。。

投稿: かお | 2007年12月17日 (月) 00時11分

---きょーちゃんへ------------

初めて「おまえさあ」とか言われると、ドキってするよねえ♪ 
こーゆーとこで萌えてる私たちって、やっぱ「どM」なのかねえ(笑)
やっぱ優しいだけって、すごくイイことなんだけど、でもなんか物足りなくなっちゃうんだよね。
「え?なに?なんなの?」ってぐらい強引に引っ張ってほしいこともあるんだよね~。
まあ、亀ちゃん限定ですが(笑)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 00時23分

---なおちゃんへ------------

なおちゃんからの「ハピバ」ありがとう~!そしてこんなバカ母な私にねぎらいの言葉をありがとう~(泣)うれしいよお~!まだ赤ちゃんだと思ってたのに、いつのまにか6年も経つんだなあ~って思うと、ああ・・・歳取るわけだ・・・って思って悲しくなるね(汗)

そうそう~!ほんと、人を好きななるのに理屈なんて通用しない・・・その通りだね。
ヤバイなあって思っても、好きになっちゃうっていう経験、私にはあんまりないから、ほんとこの状況には憧れる~♪ ただし相手も想ってくれてたら、の話だよね(笑)
いやあ~、亀ちゃんとしたいねえ。
もちろん なおちゃんとも♪
会ってハグしたいよ~!

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 00時28分

---かおちゃんへ--------------

かおちゃんありがとう~~!もうちょっといい子
になってほしいよ~、6歳のわりに赤ちゃん過ぎて(笑)

そりゃ~吸い込まれるよねえ!逆に吸い込んでやりたいくらい(笑)
後ろからガシって抱きしめられて、甘い匂いに包まれたら、匂いフェチの私たちにとっては、も~たまらんですなあ~!
ほんと、妄想最高っ!どんなことでもできるっていいよね~(笑) まあ・・・ちょっとイタいけどね(笑)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 00時33分

双子ちゃん、お誕生日だったんですね!
おめでとうございます!
双子って、何かいいよね!子供が出来る前は、「双子が欲しい」って思ってたりしたけど、一人でも、大変だった私は、双子育ててるなんて、なるちゃんスゴイ!って思います。
ウチは土日におじいちゃんに、クリスマスプレゼントを買いに連れて行ってもらいました。が…「何でそんな安いものを選ぶかな…」っての買ってもらってました。まぁ、あなたたちがそれでいいなら…(笑)でした。

「妄想劇場」よかったです。亀ちゃんにそんな風に言われたら…って考えただけで、ニヤける!
田口君には、悪いけど、したかないよ、亀ちゃんだもん!!!

投稿: ゆっこ | 2007年12月17日 (月) 01時18分

なるちゃん おはよん♪
子供ちゃんの誕生日だったのね!
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚*:.。. .。.:*・゜゚・         ☆おめでとう☆
いい子に育つといいなぁ~

きゃ~もうね。こんなの待ってたよぉ~
いけない恋!!!ふふふ(/ω\)イヤン
禁断の恋が好きな私はこういうの燃えるのよぉ~
どこまで ねじれてんだか?私?
普通じゃつまらないし 刺激が欲しいの!爆
亀ちゃん いいね!さりげなく告っちゃってさ~
このぉ~ ニクイねぇ~
ゆうちゃんになりたいわぁ~(*^_^*)

投稿: うさこ | 2007年12月17日 (月) 10時00分

こんにちは
なぜだか ポケットに手を入れて首をかしげているところに惹かれてしまうの
姿が浮かんでくるの
突然のお前呼びは 反則だわ
彼を裏切っている罪悪感と彼とのKISSに陶酔してしまう自分
ダメだと思いながら 引きずられていく感覚に
くらくらしちゃうわ

投稿: anan | 2007年12月17日 (月) 11時53分

双子ちゃん、ハッピーバースデイ!!!
いい子に育ってくれるといいのにな~~

私もくらくらしちゃった~~!!
なるさんの妄想劇場大好き~~!!!
私の妄想の中では仁とそういう関係になってるな~~!!!(笑)
じゅんのだから和也に惹かれるのね~~!!!
お前呼びされたいな~~

投稿: ともやん | 2007年12月17日 (月) 12時40分

リンクの件、こちらこそよろしくお願いしま~す
なんだか、なるちゃんとは、もうすっかり仲良し気分で、リンクしてなかった事わすれてたよ~
私も早速貼らせてもらうね

投稿: なおっぺ | 2007年12月17日 (月) 16時11分

なるちゃん、コメ入れたつもりが入ってなかった(;^_^A アセアセ・・・
妄想劇場に((o(б_б;)o))ドキドキ
田口のような優しい人がいいんだけど、どうしても亀梨のような人に魅かれちゃう気持ち分かるな~先が楽しみだ♪

双子ちゃんお誕生日おめでとう♪
2人の育児を同時にするってすごいことだよね・・うちは2人兄弟だけど、年が離れてるから何とかなったけど、そんな頑張り屋さんのなるちゃんを尊敬しちゃいます。

良かったらリンクさせてもらってもいいかな?

投稿: miwa☆ | 2007年12月17日 (月) 19時49分

---ゆっこちゃんへ-----------

私も双子欲しいって、若い頃は思ってた(笑)
一気に産めばもう産まなくていいじゃん♪って思ってたけど、一気に腹にいれとくのは相当辛かった~(笑) 生まれてからも「やっぱこどもは一人づつ育てたほうがいいっ!」って結論に達しました、アハハ。
子供って、せっかく買ってもらえるときに限って、安いのを選んだりするんだよね(笑
「これかよ~!」みたいね。

亀ちゃんにこんなこと言われたい願望が丸出しの「妄想劇場」だからね(笑) ほんとイタすぎでしょ~。でも、妄想ってほんと幸せになれる瞬間なんだよね(笑)  そのかわり現実が超つまんなくなっちゃうんだ~、ヤバイね(笑)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 19時49分

---うさこちゃんへ-----------

うさこちゃんこんばんち~!
うさこちゃんからも「ハピバ」いただいてうれしい~(≧∇≦)ありがとう~~~(≧∇≦)

禁断の恋っていいよね~(萌)私には残念ながら経験梨だけど、いけない恋をしてみたい~!
刺激がないと生きられないSなうさこちゃんは、禁断の恋をリアルでしてそうだもんな~(笑)
これ書いてるときや読んでるときは、完全に自分が主人公だから、ああ!早くヤりたいっ!って思ってるの(笑)ごめんね、変態で(≧∇≦)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 19時56分

---ananさんへ--------------

ポケットに手を入れてる亀ちゃんて、ほんとカッコよくて、手の先までも魅せ方を分かってるような亀ちゃんの仕草に、いっつもやられてます(≧∇≦) で、首をかしげて「ん?」ってやられたら・・・もう溶けますね(笑)
亀ちゃんは突然「は?」ってことを平然と言いそうだから、きっといきなり「おまえさあ」とか言われたら萌えるんだろうな~と(≧∇≦)
禁断の恋って・・・憧れます。ananさんも私も、ほんと「禁断好き」ですよね(笑)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 20時00分

---ともやんへ--------------

ともやんからも「ハピバ」ありがとう~!
ちょっとはマシな子供になってほしいもんだよ~(汗)

じゅんのって優しいし、紳士的なイメージあるけど、女ってやっぱ、ちょっと強引なぐらいなとこに惹かれるんだよね(≧∇≦) この歳になると、優しいだけじゃ~もの足りないのよ~!
この彼氏が仁だったら・・・そりゃ~贅沢すぎてバチ当たるわ(笑)
亀ちゃんから「おまえ呼び」されたいよねえ(≧∇≦)  

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 20時07分

---なおっぺちゃんへ---------

リンクの件ありがとう!ほんと、私、なおっぺちゃんちに普通に遊びにいかせてもらってるから、いまさらになっちゃったけど、これからもよろしくお願いしますっ(≧∇≦)

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 20時10分

---miwa☆ちゃんへ----------

私もある~!コメいれたつもりが入ってないとき~(笑) ごめんね、二回も手間かけてくれてありがとう~~~!

優しくもされたいんだけど、刺激も欲しい・・・っていう願望丸出しでしょ~(笑)
「え?なに?なんなの?」みたいな、振り回されるのもすごい好きで(≧∇≦) 私「どM」だから(笑)

miwa☆ちゃんからも「おめでとう」って言ってもらえてうれしいなあ~(≧∇≦)
ほんと私、サボってばっかのダメ母なんだよ~。
もっと頑張ってれば、も~っとマシな子供になってたかもって思う(汗)
いくら歳が離れてたって、子育てはいつでも大変だよね~。

リンクの件、ありがとう!さっそく貼らせてもらいます(≧∇≦) これからもよろしくねっ! 

投稿: なる | 2007年12月17日 (月) 20時20分

ごめ~ん、すっかり出遅れたけど・・・
娘ちゃん、おめでとぉ~~~!!
素敵なレディになりますように♪
ママみたいな・・・(笑)

妄想劇場に撃沈です・・・。
旅立ってきます。

投稿: pani | 2007年12月17日 (月) 23時18分

---paniちゃんへ------------

ぱにちゃんからも「ハピバ」ありがとう~!
ええ、私のように立派な変態になってもらいたいです・・・ってそんなわけねえ~!

妄想劇場から帰ってきていただけたでしょうか(笑)
私もいつもあっちの世界に行ってるから、現実に追いついていけない~(笑)
ああ、変態に生まれてよかった・・・(爆)

投稿: なる | 2007年12月18日 (火) 00時07分

なるちゃん!娘ちゃん6歳になったのね?
おめでとう♪♪♪
大きくなるのは早いのね~
うちの息子っちも、6歳になったのよ。
しかも、聖と同じ誕生日!
本人は、仁と同じがいいらしい(^0^;)

your side
面白くなってきたね~田口くんはかわいそう
だけど、どうでもよくなってきた(笑)
読んでても、亀梨くんに引き込まれてく~!!
「いたずらっぽく笑った。」その顔想像できる
好きな表情の1つだね!!
あんな、甘いチュ~されたら
完全に溶ける~(笑)

投稿: りん | 2007年12月18日 (火) 12時19分

双子ちゃん、おめでとう!
って過ぎちゃったか?ごめんね…
本人たちが欲しいって思う物が一番だよね!
値段じゃない!親孝行なお子たちじゃん!

いや~、すごいよ…で…体験談だったりして~
なんかさ~、読みながら絵が浮かんでくる
ゆうちゃんは、私だけどね~(笑)
ゆうちゃんの気持ちわかるな~!
似たような事あった…ような…なかったような
ははは、遥か昔だから忘れたよ!

投稿: 亀leon | 2007年12月18日 (火) 23時30分

---りんちゃんへ-------------

りんちゃんからもおめでとうを言ってもらえてうれしいよ~!ありがとう!ほんと子供ってあっと言う間に大きくなるよね(笑)自分も歳とるわけだわ(汗)

りんちゃん、笑える~!田口どーでもよくなってきたって・・・(笑)
亀ちゃんのいたずらな顔って萌えるよね~。
「やったね♪」みたいな顔されたらたまらんですわ~!
ほんと、夢でもいいから、そんなチューされてみたいね♪

投稿: なる | 2007年12月18日 (火) 23時57分

---亀leonさんへ------------

確かに親孝行かも~(笑)家庭の財政事情を理解してくれてるのかなあ。亀事にばっかりお金使ってる母を許してくれてるのかな(笑)いや、許されないよね、アハハ。

こんなステキな体験したことねっす~~!実体験だったらどんなにいいか・・・。
亀leonさんには・・・あるんですな(萌)
いいなあ~禁断の恋! 私なんて、ほんとノーマルな人生だったからなあ・・・。
でも、ゆうちゃんを自分に置き換えて読んでもらえることが一番うれしい~~!

投稿: なる | 2007年12月19日 (水) 00時01分

また×②だいぶご無沙汰~
娘さん達おめでとう~♪

なるちゃんの妄想劇場さぁ~
マジで凄いねぇ~
本が出せちゃうんじゃない?って思う!
また楽しませてねぇ~♪

あっ、そうだ!亀ちゃんドリボ決まったねぇ!
ドラマやら舞台やら年明け早々大変だぁ!
私は、有閑が終わっっちゃって
来週からどーしよー。。。ってカンジ(涙)


投稿: サッピー | 2007年12月19日 (水) 01時59分

ども。
ウッチャンナンチャン、おめでとーっ♪

妄想劇場、とっても面白いね。
いけない二人が早くいけないことすればいいのに。中丸君も入ったりして。

あ、ピュアな話だったかー(笑)

投稿: せい | 2007年12月19日 (水) 05時49分

---サッピーへ---------------

仁祭りも終わっちゃったね(泣)有閑、ほんと楽しかったもんね。
リピしまくってがんばろう(笑)

妄想劇場、お褒めの言葉ありがとう~(笑)
サッピーに褒めてもらえてうれしいわ♪
また読んでみてね~♪

しかしほんとに、亀担はこれからが忙しいんだよね~(汗) うれしいけど、いろんなことに気が回らない~(笑)

投稿: なる | 2007年12月19日 (水) 17時07分

---せいちゃんへ------------

も~、あなたはほんとにエロだわね~(笑)
いけない二人がいけないことって・・・(爆)
でも、ゆっちはどうしても、いいコの役でなきゃ~出せないんだよね~。
まかり間違っても、今日のアナタの案は・・・。
ありえね~~!

投稿: なる | 2007年12月19日 (水) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419935/9428170

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場【your side 2話】:

« 中丸のページ♪ | トップページ | ついに来たドリボ&ヲタ誌 »